i-smile(アイスマイル)と他の英語学習方法を比較しました

i-smile(アイスマイル)と他の英語学習方法を比較しました 未分類

英語を話せるようになったらカッコいいですよね!
最近は外国人旅行者も多いですし、仕事でも必要とされる場面が増えています。

でも「英語を話せるようになりたい」と思うだけではダメ。
英語を練習しないことには話せるようにはなりません。

かと言って学校の英語の授業って…書くだけだし全く実用的ではないですよね。

じゃあどうやって英会話を修得するのか?
最近i-smile(アイスマイル)という英語教材が注目を浴びています。

どうやら英語が苦手な人でも修得しやすいと人気だそうで…。
でも他の英語学習方法と比べてどうなのでしょうか?

i-smile(アイスマイル)と他の英語学習方法を比較してみました。

i-smile(アイスマイル)と他の英語学習方法を比較

それではi-smile(アイスマイル)と他の英語学習方法を比較していきたいと思います。
比較したのは下記の3つ。

  • i-smile(アイスマイル)とテキスト教材
  • i-smile(アイスマイル)と英会話塾
  • i-smile(アイスマイル)と英語CD教材

他に学習方法が思いついたら追記しますね。
ではまずはテキスト教材から比較していきます。

i-smile(アイスマイル)とテキスト教材

i-smile(アイスマイル)とテキスト教材を比較していきましょう。
テキスト教材、いわゆる教科書や問題集ですね。

書く能力と単語を覚えるのに特化しています。
CDが付属しているものもありますね。

i-smile(アイスマイル)は英語を話せるようになるのが目的の教材です。
ですので英語を話せるようになりたいなら、i-smile(アイスマイル)の方が目的に合っていると言えます。

テキスト教材では発声方法が全くと言っていいほどわからないし、修得出来る可能性は低いでしょう。
i-smile(アイスマイル)は日本人向けに作られたもので、真似しているだけで自然な発声ができるようにと作られています。

英語を話せるようになりたいならi-smile(アイスマイル)一択ですね。

i-smile(アイスマイル)と英会話塾

i-smile(アイスマイル)と英会話塾を比較していきましょう。
英語を話せるようになりたいと思ったとき、真っ先に考えるのは英会話塾かと思います。

駅前などにあるので、仕事帰りや学校帰りに通いやすいというメリットがありますね。

でも本当に英語が上達するかは疑問です。
だって英語が話せるようになったら通う必要がないですよね?

ということは英会話塾は利益が上げられなくなるわけです。
ですので英会話の上達というより、気持ちよく英語を話してもらうことに重点が置かれることがあるそうです。

上達してないのに何万円もお金を払い続ける…もったいないですよね。

「無料体験に言ったら良さそうだった」なんて話も聞きますが、そりゃあそうだろうと。

i-smile(アイスマイル)は自分で淡々と進めていくスタイルになりますが、楽しみながら自然に英語を身につけられるように工夫して作られています。

なにより自宅でできるので、交通費や移動時間がかからないのが嬉しいですね。
対面で英語を話したくない、カタコトすぎて嫌という人はi-smile(アイスマイル)の方が合っているかもしれません。

i-smile(アイスマイル)と英語CD教材

i-smile(アイスマイル)と英語CD教材を比較していきます。

英語CD教材は、英語を聞き流すだけ。
ちょっとi-smile(アイスマイル)に雰囲気似ていますね。

英語CD教材は耳を慣らすのに向いています。
英語が話せないのは、耳が慣れていなくて単語を拾えないから。

耳が慣れてくれば少しずつ会話として聞き取れるようになっていきます。

でも英語CD教材って量が多いんですよね…。
私も以前やったことがあるのですが、1枚に何分も入っているCDが大量に…。

途中からはやる気も集中力も続かずにノイズと変わらなくなりました。

i-smile(アイスマイル)は1日15分と短時間であり、なおかつ楽しみながら学習できるようにと工夫して作られています。

もし自分には英語CD教材は無理そうだなと思ったら、i-smile(アイスマイル)の方がスムーズに英会話を修得できるかと思います。

i-smile(アイスマイル)は他の英語学習方法の良いとこ取り

i-smile(アイスマイル)は他の英語学習方法の良いとこ取り
i-smile(アイスマイル)を他の英語学習方法と比較してみて、良いとこ取りをしているように感じました。

マネしているだけで発声方法を修得できるし、テキストでも英語を確認できます。

学習時間も短く設定されているのでやる気や集中力が続かないという心配もほぼ無いでしょう。

ですので英語が苦手な人や初心者の人には、i-smile(アイスマイル)から英会話の修得を進めるのが良いと思います。

i-smile(アイスマイル)でレベルを上げて、足りない部分を他の教材で補うも良し。
i-smile(アイスマイル)だけで満足できるレベルに到達できたらそれでも良し。

自分の求めるレベルに到達できる英語教材を活用しましょう。

コメント