i-smile(アイスマイル)にデメリットはないの?

i-smile(アイスマイル)にデメリットはないの? 未分類

このサイトではi-smile(アイスマイル)について色々と紹介してきましたが、
概ね良い内容が多いなと感じませんか?

あまり良いことばかり書かれていると、悪い面はないのかと気になってきますよね。
なのでこの記事ではi-smile(アイスマイル)の【デメリット】について書いていきます。

そうです、i-smile(アイスマイル)にも悪い面はあったんです。

このサイトの記事を読んでいただいている人にはウソは付きたくないので、
i-smile(アイスマイル)の悪い面・デメリットも正直に書いていきますね。

実際に私はi-smile(アイスマイル)を受講しているので、
私の経験で気づいたことなども紹介できたらなと思っています。

では早速i-smile(アイスマイル)のデメリットについて書いていきますね。

i-smile(アイスマイル)のデメリットまとめ

「英語が話せるようになりたい」
誰もが1度は憧れることですよね。

英語が流暢に話せるだけで、かっこいい、知的など良いイメージを持ちます。

ネイティブな英語を習得しようと思うと、長期の留学などでみっちり英語に触れないといけません。
でもそんな時間もお金も余裕がない…。

そうなれば英会話に通う?
いえいえ、英会話も何度も何度も通わないといけませんし、お金もかかります。

それならどうすれば…
そんな時に登場するのが【i-smile(アイスマイル)】です。

でも何も知らずにi-smile(アイスマイル)を始めると、後悔することもあるかも…。
そうならないために、i-smile(アイスマイル)を始める前に下記の内容をしっかり読んで下さいね。

i-smile(アイスマイル)のデメリット1.達成感はあまりない

i-smile(アイスマイル)のデメリット1.達成感はあまりない

まずデメリット1つ目は、i-smile(アイスマイル)は達成感があまりないこと。

他の学習方法のように、時間を書けて何度も何度も学習するわけではないので、
あまり努力せずに英語を習得できてしまうため、あまり達成感はありません。

私が実際にi-smile(アイスマイル)を受講した感覚としては、
「知らないうちに英語が身についていた」という感じ。

なので本当に自分でも驚くくらい「気づいたら英語が理解できるようになっていた」という感じ。

努力をしていない分、達成感は薄いかなと思います。
まあ勉強に達成感を求めている人はそんなにいないと思うので、デメリットという程でもないかと思いますが。

i-smile(アイスマイル)のデメリット2.少額から始めることはできない

i-smile(アイスマイル)のデメリット2.少額から始めることはできない

デメリット2つ目は、少額から始めることはできないということ。

i-smile(アイスマイル)は初めは無料ですが、教材自体は1回買い切りの商品です。
ランクがあるわけでもないため、少額から始めるということはできません。

なので初めからその額を払う必要があり、少しハードルは高いかなと思います。
私は一括で払ったので、分割払いができるかどうかはわかりません。

まあ買いきりなので払うのは1度でいいですし、ずっとi-smile(アイスマイル)を使い続けられるので、
金額に対してコスパはいいのかなと思います。

i-smile(アイスマイル)のデメリット3.スタートラインが皆同じ

i-smile(アイスマイル)のデメリット3.スタートラインが皆同じ

デメリット3つ目は、スタートラインが皆同じなこと。

人によって英語の理解力は違いますよね。
そのため英会話教室などでも、その人の英語レベルに応じて適したランクが割り当てられると思います。

ですがi-smile(アイスマイル)はランクという概念がありません。
つまり誰でもみんな同じ内容の教材なんです。

そのため、自分のレベルに合っていないと感じる人もいるかもしれません。

ただi-smile(アイスマイル)のレビューを見る限りでは、どのレベルの人でも概ね満足しているようでした。
「簡単すぎてつまらない」「難しすぎて理解できない」といった書き込みはありませんでした。

なのでどんな英語レベルの人でも満足できる内容になっているのかなと思います。

まとめ

i-smile(アイスマイル)のデメリットをまとめて紹介しました。
私が調べたところでは、3つのデメリットを発見しました。

人によってはデメリットと言うほどでもないような内容もあるかと思います。
ですがこれがi-smile(アイスマイル)なので、理解した上で購入したほうが良いかなと思います。

もしi-smile(アイスマイル)に興味を持った人は、公式サイトからi-smile(アイスマイル)を始められますよ。

コメント